自分でやる相続登記であっても最低限かかる費用

相続登記 費用

相続登記は、自分で登記申請をする場合でも税金がかかります。具体的には、国税としての登録免許税です。

金額はいくらかというと、固定資産税評価額の0.4%です。例えば、固定資産税評価額が2,000万円だった場合、2,000万×4/1,000=8万円が必要となります。

納付の仕方は、通常、印紙で納付します。具体的には法務局内の印紙売り場や郵便局等で収入印紙を購入してそちらを不動産登記申請書(不動産の表示を記載した次のページ)に貼り付けます

この際、注意することは、消印をしてはいけないということです。別の例でいうと、例えば領収書に収入印紙を貼付する際、再利用を防ぐ趣旨で消印をしますが、不動産登記申請の際に貼付する収入印紙は、登記機関が納付の事実を確認して消印をする(不動産登記法25条)ことになっているので、申請人自らが誤って消印をしないように注意しましょう