兄弟姉妹の相続の再代襲相続の可否

被相続人の兄弟姉妹が被相続人よりも先に亡くなっていて、その兄弟姉妹の子が生存している場合には、その子が代襲相続することができます。

では、さらに、その兄弟姉妹の子も同様に被相続人よりも先に亡くなっている場合、その兄弟姉妹の孫(被相続人にとってみると、甥・姪の子)がさらなる代襲相続(これを「再代襲相続」といいます。)することができるか?という問題があります。

結論としては、被相続人がお亡くなりになった時期によって、異なってきます。

1 昭和55年12月31日以前に開始した兄弟姉妹の相続の場合

再代襲相続は可能。つまり、被相続人の甥・姪の子(被相続人の兄弟姉妹の孫)は再代襲相続することができるということです(昭和37年7月5日施行改正民法889条による887条2項3項の準用)。

なお、再代襲者の相続分は、被代襲者の法定相続分と同一です(民法901条)(株分け説)。

そして、再代襲者が数人ある場合は、被代襲者が受けるべきであった部分について、等しく相続するかたちになります(民法901条2項)。

例えば、昭和51年被相続人死亡時、被相続人に子や配偶者、両親も存在せず、唯一の法定相続人の兄も既に死亡しており、姪1人のみが代襲相続人で、その姪も死亡しており、その姪の子が2人存在しているという場合、その姪の法定相続分は2分の1ずつということになります。

もっとも、なかなか、昭和55年12月31日以前に開始した兄弟姉妹の相続を放置する案件というものもそれほどないものと思われます。

よって、通常は、下記の昭和56年1月1日以後に開始した兄弟姉妹の相続の見解(兄弟姉妹の相続の再代襲相続不可)を覚えておけば、特に当該事項を気にされる必要はないものと思われます。

2 昭和56年1月1日以後に開始した兄弟姉妹の相続の場合

再代襲相続は不可。つまり、被相続人の甥・姪の子(被相続人の兄弟姉妹の子)まで代襲相続できるにすぎません(民法889条は887条2項(代襲相続の規定)につき準用するけど、同条3項(再代襲相続の規定)は準用していないため)。

叔父様・叔母様ががお亡くなりになられ、偶然にも、ご自身が相続人の場合は、権利の保全のためにも早めに相続登記をされておいたほうがよいということですね。

Follow me!